バンコクワールドガイド

タイ・バンコクで、あなたをお友達感覚でご案内するガイド・通訳が多数登録済み。タイク在住邦人のアフター5や休日のお付き合い(通訳)もOKです

このサイトの使い方
このサイトの使い方

日本から旅行に行かれる方
観光に行かれる方
ビジネスでご利用される方


アフター5&ホリディ
ビジネスでご利用される方

担当者よりごあいさつ
サイトのご利用について
ご利用の流れ
料金案内
会社案内
プライバシーポリシーについて
お問合せフォーム
リンクページ
通訳の検索・予約
通訳予約
通訳検索
ランキング
タクシー予約
お客様の声
バンコクのおすすめ情報
バンコク情報

このサイトの使い方

ガイド検索


格安チケット予約
東京 TEL03-3801-2664
大阪 TEL06-6371-6851
電話受付時間 平日10:00〜18:00


北京ワールドガイド

大連ワールドガイド

バンコク事情

バンコクの気候、風土

■バンコク概要

微笑みの国タイの首都であるバンコクは東南アジアを代表する近代的な大都市です。

国際都市として、ビジネスの中心としての役割を果たす傍ら、王宮、寺院や歴史的な史跡などの、伝統的なタイ文化を象徴するものが日常の暮らしに溶け込んでいます。また、世界遺産に認定された、アユタヤ遺跡なども近く、ビジネスに、観光に、また、リゾートにと、世界中の人々が集まる地でもあります。

アジアでもっともエキサイティングな都市、バンコクへあなたもいらしてみませんか。

■バンコクの気候

タイは熱帯に属しており、年間を通じて気温は高いです。季節は、雨期・乾期・暑期の3つにわけられます。雨期は6月〜10月、乾期は11月〜2月、暑期は3月〜5月。暑期は、1年でもっとも気温が高く、35度〜40度になる日もあります。雨期は、1日に数度、激しいスコールがあることがあります。乾期は、ほとんど雨が降らず、観光にはベストシーズンといえます。

注意事項:バンコクの室内(レストラン、ショップ、タクシー、バス)は冬でもクーラーがガンガンにきいています。真夏でも上に羽織れるものが1枚必要です。

また、遺跡めぐりなどは、日陰がないことが多いので、帽子、サングラス、日焼け止めクリーム、日傘などは必須です。

交通事情:(貨幣単位:B=バーツ)

■航空

バンコクを中心に国内主要都市へ数社が運行しています。航空会社はタイ国際航空、バンコク・エアウエイズ、プーケット・エアラインズ、エア・アジア、ノック・エアーなどがあります。

バンコクの空港は、2006年9月に開港した、スワンナプーム国際空港です。空港から市内への移動は、タクシー、バスがあります。

タクシーはエアポートリムジンとエアポートタクシーがあります。料金は行き先により異なり。高速代込みで900バーツから。また、すべてのタクシーに空港乗り入れ料として50バーツかかるので、それも料金に加算されます。空港から市内中心部へは渋滞がなければ所要時間40分〜50分です。

パブリックバスとエアポートエクスプレスが運行しています。旅行者はエアポートエクスプレスを利用するのが一般的です。運行時間は25分〜60分間隔、料金は一律150バーツです。

バンコク市内での移動

■トゥクトゥク

バンコク市内でもっとも一般的に見かける交通手段です。屋根つきの座席のある、改造オート三輪。駅前、主なホテル、主な観光地などの街角にいたり、街中を流しているものもあります。日本のタクシーと同様、手を上げればとめることができます。

料金は、乗車前に運転手と交渉して決めることができます。外国人観光客には、最初かなりの値段を吹っかけてくる場合もあるので、あらかじめホテルのスタッフなどに相場を聞いておき、交渉することをお勧めします。

また、短距離の移動には便利ですが、長距離の場合は、乗車を断られる場合もあります。

■ソンデウ

小型トラックの荷台に屋根と座席を取り付けたものです。車により、またその時々により、行く方向が決まっているのが特徴です。トゥクトゥク同様、手を上げればとめることができますので、運転手に行き先を告げ、同じ方向であれば、乗車することができます。こちらも料金は乗車前の交渉制で、方向が決まっている分、トゥクトゥクより安めです

降りるときは、あらかじめ運転手に告げて止まってもらうか、社内のブザーを押して、止めてもらいます。

■バイクタクシー

バイクのライダーの後ろに乗って移動します。トゥクトゥクやソンデウなどがほとんどない小さな町での代表的な交通手段です。料金は利用前にライダーと交渉して決めます。ただし、大きな荷物を持っての利用は難しいことと、転倒などの危険性を承知の上、ご利用ください。

バンコクのホテル事情

バンコクにはゲストハウスから高級ホテルまで様々な宿泊施設が、都市を埋め尽くすように至る所にあります。旅行者が泊まるような中級以上のホテルの多くは、サイアム、シーロム、ラチャダピセーク、スクンビット、チャオプラヤー川沿いで見つかります。安宿のある場所としては昔からカオサンが有名ですが、スクンビットにも点在しています。日本語のできるスタッフがいる可能性のあるホテルは4つ星以上と考えたほうがよいでしょう。英語での対応はよほどローカルなホテルでない限り期待できます。

日本と違いほとんどの宿泊施設の料金は1部屋当たりで、1名(シングル)でも2名(ツイン)でも同じ料金です。1部屋3名(トリプル)の場合は追加料金がかかるでしょう。

予約は街中にある旅行代理店や空港の旅行代理店カウンターでもできますが、何かのイベントで突然混むこともありますので、インターネット上の海外ホテル予約サイトなどで事前に予約しておいたほうが無難です。例えば、「ホテルトラベルドットコム」では、300軒近いバンコクのホテルの中から、口コミ情報や絞込み検索で希望のホテルを探して、簡単に予約できます。

 

通訳を予約する ホームに戻る お問合せ バンコクワールドガイド